観葉植物がある部屋

輸入住宅のメリット・デメリット

寝室

歩いていて輸入住宅に出会うとその素敵な外観に足を止めて見とれてしまう方も多いのではないでしょうか。ヨーロッパやアメリカの個性的な外観が素敵なのも大きなメリットのひとつですが、他にもあります。輸入住宅の工法は、壁と床で家を支えます。日本のように柱ではありません。家を支える壁は、北欧や北米の寒さに対応できる作りなので、気密性が高く断熱性もあります。エアコンの費用を抑えると同時に省エネにもなります。地震による揺れも壁が分散してくれるので、感じにくいです。また、輸入住宅は、北欧や北米では、3世代、4世代と住み続けるほど耐久性にも優れています。
次にデメリットですが、当然あります。メリットでもある気密性の高さが湿気の多い日本では、デメリットとなることもあります。壁にカビが生えたり、結露がひどかったりします。除湿対策が必要でしょう。
身近な工務店などでは、輸入住宅に詳しくないところも多いです。修理等必要な時に即対応してくれる会社を選んだ方が良いでしょう。即、対応してもらえるように、部品等の在庫を持っていることも大事な点でしょう。また、輸入品なので、為替の影響で円安の時は、思った以上に高額になることもあるでしょう。

CONTENTS

TOP